ニュース
» 2013年10月05日 10時00分 UPDATE

初デートで失敗しない食器「First Date Cutlery」が考案される

食べるのに夢中になりすぎたりしないで、会話を楽しめる工夫も凝らされています。

[ねとらぼ]

 初めてのデートのときに食事で失敗した――そんな人もいるのではないでしょうか。そんな事態を防いでくれる食器「First Date Cutlery」をイギリスのデザイナーCristina Guardiolaさんが考案しました。

 First Date Cutleryはスープ用スプーン、フォーク、ナイフ、デザート用スプーンのセット。スープ用スプーンは横に出っ張った形をしており、こぼれたり、すする音が出るのを防ぎます。ナイフとフォークには磁石がついており、すぐに交差するようになっています(ナイフとフォークを交差させて皿に置くと「食事中」のサイン)。これで食べるのに夢中になりすぎずに、食事の合間に会話を楽しむことができるというわけです。

 デザート用スプーンは普通のスプーンとは逆に、楕円を横にしたような形。スプーンの端を使って、相手にデザートを食べさせてあげることができます。デザートが出てくるころには、このスプーンで分け合って食べられるくらいまで2人の距離が近づいているといいですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう