ニュース
» 2013年10月09日 18時26分 UPDATE

【虫注意】南米で発見された新種の虫が完全にエイリアン 遊星から来たっぽい

宇宙からの侵略者ですか?

[ねとらぼ]

 南米のスリナムでみつかった新種のウンカ類が、まるでエイリアンのようだと話題になっています。

 体長は約5ミリメートル。まだ幼虫のようです。何と言っても左側にあるふさふさとした光ファイバーのような物体がミステリアスです。実はこれ、昆虫の分泌物なのだとか。いざとなったら切り離すこともでき、捕食者から身を守るための機能だと考えられています。こちらを攻撃させて、本体(右側)は安全なところにジャンプといった感じです。

ah_mushi.png 新種(クリックでぼかしなしになります)

 今回の発見は、生物多様性の保全に取り組んでいるNGO「コンサベーション・インターナショナル」が派遣した科学者たちによるもの。スリナムのジャングルで、多数のカエルを含む60種類を新たに発見したそうです。同団体のFacebookなどで遠征成果を閲覧できます。

ah_amazon.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう