新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月10日 15時58分 UPDATE

スマホから色や明るさを変えられる電球だと……? フィリップスの次世代電球「hue」がすごい

アプリで照明をコントロールできるのはもちろん、家を離れると自動で電気が消えたり、SNSやニュースの新着を照明の変化で伝えたり……なんて近未来!

[ねとらぼ]

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンが発売したスマートLEDランプ「Philips hue」が、近未来的で面白そうです。一見普通のLED電球なのですが、実はWi-Fiネットワーク機能を搭載しており、スマートフォンやタブレット端末(iOSまたはAndroid)の専用アプリから照明の色や明るさなどを自由にコントロールできるんだとか。電球までもがネットワークに接続する時代ですか……なんかすごいぞ!

photo 一見ふつうの電球だけど、いろいろすごいんです
photo スマートデバイスから明かりをコントロールできるのだ

 アプリでは1600万色以上の色調設定が可能。タイマー機能もあり、起床にあわせて徐々に照明が明るくなるようにする、なんてことも可能です。ほかにも、離れた場所からアプリ経由で照明を付けたり、スマホの位置情報を使って“家から離れると電気が消える”ようにしたりもできます。

 さらに、アプリ連携ならではの新しい活用法も提案。Facebookでメッセージを受信したら明かりが点滅して教えてくれたり、天気予報が雨だったらランプが青色になったり――こんな具合に、照明を“お知らせ装置”として使える仕掛けが用意されています。アプリ開発者向けにAPIが公開されているので、公式アプリ以外の便利アプリも増えていくかもしれません。

 同製品は、3つのhue本体にスマホとランプをつなぐための「ブリッジ」などを同梱したスターターキットとして販売されています。販売店の1つであるApple Storeでの価格は2万6000円と少々お高いですが……ちょっと体験してみたいですね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事