ニュース
» 2013年10月11日 16時13分 UPDATE

10月なのに東京で30度超え 「最も遅い真夏日」98年ぶりに更新

秋はどこへ行ったのか。

[ねとらぼ]

 10月11日午後1時すぎ、東京都心で気温が30度に達し、気象庁の観測史上、最も遅い真夏日となりました。

ah_tenki.jpg (画像:日本気象協会)

 1875年に統計を開始して以来、これまでは31.3度を観測した1915年10月9日が最も遅い真夏日でした。今回、実に98年ぶりに記録を更新したことになります。

 気象庁によると、本州付近に南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、各地で気温が上昇しています。関東では、12日まで季節外れの暑さが続く見込みです。

晴れ渡る東京の空

神奈川の空

千葉の空

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう