新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月17日 18時14分 UPDATE

台風被害の伊豆大島支援へ 国土地理院や有志が被災状況共有マップを公開

国土地理院と有志がそれぞれ作成。

[ねとらぼ]

 大型の台風26号により大きな被害を出した伊豆大島。この被害情報を周知し支援に役立てる目的で、国土地理院が「災害情報共有マップ」を試験公開しています。

画像 国土地理院の「災害情報共有マップ

 こちらのサイトでは、地図上に土砂の流出範囲や現地の写真を表示。土砂崩れによってえぐれた崖の写真など、生々しい被害の様子を見ることができます。これらは現地の被災状況を心配する国民への情報提供や、関係機関が今後の対応を検討するなどの目的に使用されるとのこと。公式Twitterでも更新情報などが告知されています。


 また、一般の有志による「伊豆大島台風26号被災状況マップ」も公開。これは自由に編集できる地図プロジェクト「OpenStreetMap」を利用したもの。各地の被災情報のリポートや、行政の公式発表へのリンクが有志によって地図上に追加されています。様々な人の手によって、ネット上でも支援が進められているようです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事