ニュース
» 2013年10月21日 19時08分 UPDATE

3Dボカロライブを海外ファンが企画 Kickstarterで支援を募る

今回支援を呼びかけている「Synthesized Reality Productions」はサンフランシスコで設立された「ボカロコンサートを世界中で開催する」ことを目指しているグループです。

[ねとらぼ]

 海外のボーカロイドファンが、11月に米ロサンゼルスで開催される「Pacific Media Expo(PMX)」で、3D映像を利用したボーカロイドコンサートを実施するそうです。素晴らしいステージにするために、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で支援を募っています

画像

 「Synthesized Reality Productions」(SRP)は、サンフランシスコで設立された「ボカロコンサートを世界中で開催する」ことを目指しているグループ。世界各地の音楽・イベント関係者から構成され、アニメーターや3Dアーティスト、渉外担当者も主力メンバーに加わっています。

 PMXで披露するコンサートが初回となり、ゆくゆくは各国でのライブを予定しています。ちなみに、内容はボーカロイドの歌声にあわせてマスコットキャラを3D映像で動かすパフォーマンスで、開催にあたっては、クリプトン・フューチャー・メディアほか関係各所から許諾を得たそうです。

画像

 クラウドファンディングで得た資金は、専用プロジェクターやライブ中継用のカメラなど機材代にあてられ、今後の活動に大いに役立てると説明しています。当初の目標金額2500ドルは既に達成していますが、11月3日まで受け付けています。支援は1ドルから可能で、50ドル以上はコンサートのDVDなどが送付されます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう