新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月25日 15時12分 UPDATE

ディズニーがコミケ初参戦! 映画「エンダーのゲーム」で

「参戦できることを非常に光栄に思っています」と宣伝プロデューサー。

[ねとらぼ]

 ディズニーがコミケに初参戦――ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが、2014年1月公開の実写映画「エンダーのゲーム」を擁してコミックマーケット85(12月29〜31日、東京ビッグサイト)に参加する。

ah_disney.jpg エンダーのゲーム

 エンダーのゲームは、宇宙戦争を“終わらせる使命”を背負って生まれた少年戦士エンダーの挫折と成長を描いたSF小説。日本の多くのクリエイターに影響を与えたと言われる作品だ。

 参戦は今回が初だが、今年の夏に開催のコミケ84では、絵師の秋赤音さんによる同作のイメージイラストを展示していた。

ah_disney2.jpg コミケ84で展示されたイメージイラスト

宣伝プロデューサー、百合草太郎氏のコメント

 原作を読んだときに、設定や主人公の描き方が凄く身近で魅力的に感じました。日本(のアニメ)っぽいなぁと。「エンダーのゲーム」は日本のアニメと同じように“人”をしっかり描いた作品、「ハリウッド(実写)がやっと日本に追いついてきた」と。日本のマーケットではアニメやマンガなどがもはやサブカルチャーではなく、日本のカルチャーそのものでマイノリティではありません。彼らは自ら面白いものを探しに行くカルチャーのパイオニアで、それが現代のマジョリティだと思います。今のマーケットは押し付ける“説得”ではなく“共感”して面白いものを楽しんでもらう時代。そんな方々が集うコミケに実際にこの夏参加して、その熱量と集客力は日本最大級のイベントだと感じましたし、映画の垣根を超え「エンダーのゲーム」というコンテンツで参戦できることを非常に光栄に思っています。

(c) 2013 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事