ニュース
» 2013年10月28日 10時00分 UPDATE

引っ越し先で「夜中に人の気配を感じる」から原因を探ってみたら大変なことになった【PR】

その時、カメラが見たものは……。

[ねとらぼ]

 それはちょっとした違和感から始まった――。

 ある日、ねとらぼ編集記者のイケヤが同僚のミヤモトに相談事を持ち込んだ。イケヤは最近引っ越したばかりなのだが、どうも「誰かいるような気がする」というのだ。最初は気のせいだと思っていたが、積んでおいた書籍が移動していたり、机の上の配置が変わっていたりと、とにかく「気持ちが悪い」という。

イケヤ 「もしかして……あれ、ですかね?」

カシオEXILIM ミヤモトに相談するイケヤ。夏も終わったというのにその手の話か?

 イケヤはあからさまに“あの存在”について考えたくないようだ。事故物件だったのかとネットで調べてもみた。何気なくゴミ出しするついでに同じ建物の住民に噂がないか聞いてもみたが、特にこれといった情報は得られなかった。とりあえず近所の神社にお祓いに行ってもみたが、その後も異変は続いた。これは気のせいでは済まされないと悩み、相談したわけだ。

 状況を整理すると、不思議な現象が起きるのは決まって夜中とのこと。異変は1週間に3度ほど。あったものがなくなり、なかったものがあったりすることが分かっている。

ミヤモト 「物音とかしないの?」

イケヤ 「一度寝るとぐっすりなんです」

ミヤモト 「起きてたらいいのに」

イケヤ 「眠くなっちゃうんですよ」

ミヤモト 「……(本当は困ってないのか?)」

イケヤ 「困っています!」

カシオEXILIM 冗談じゃない!

 何かを察したらしい。

ミヤモト 「じゃあこれ貸してあげるから、部屋に設置してみたら?」

イケヤ 「こ、これは!!!!」

カシオEXILIM こ、これは!

 ミヤモトの手にしたのはカシオの「EXILIM EX-ZR1100」。

カシオEXILIM カシオの「EXILIM EX-ZR1100」じゃないですか!!!!

イケヤ 「1610万画素、広角24ミリ、自分撮りも楽ちんな高精細チルト液晶モデルで、新・HS手ブレ補正でズームもくっきりな『EXILIM EX-ZR1100』じゃないですか!」

 お察しのとおり、カシオの提供でお送りしています。

ミヤモト 「機能の1つに『タイムラプス』があるんだけど、これなら撮影間隔や撮影時間を変更すれば朝まで撮影できるんじゃないかしら」

 自然の移り変わりや街の流れをまるで早送りのように見せるタイムラプス。「EXILIM」ではモードダイヤルを「TL」に合わせることで使用することができる。何秒間隔で撮影するのか、トータルの撮影時間はどれくらいかを設定でき、シャッターを押すことでスタートし設定した時間になれば終了する(再度シャッターを押せば止めることもできる)。撮影間隔によって撮影枚数が変わるので、メモリの容量と電源を使うので注意が必要だ。

 なお、撮影間隔は「1/10秒」「1/2秒」「1秒」「2秒」「3秒」「5秒」「10秒」「30秒」で、トータル時間は「3分」「5分」「10分」「15分」「20分」「30分」「60分」「OFF」から選択可能。最大撮影時間は4時間30分(TLシーン「スタンダード」および「HDRアート」、撮影間隔「1/2秒」、トータル時間「OFF」、スリーブ「1分」)。ちゃんとしたタイムラプスの作例はこちら。

カシオEXILIM これでバッチリだね!カシオの提供でお送りしています

 こうしてイケヤはミヤモトから「EXILIM EX-ZR1100」を借り、まだ引っ越したばかりで片付け途中の新居へ帰った。そして寝る前に設置。数日が経った。






イケヤ 「ミヤモトさん! た、大変です!」

カシオEXILIM た、大変です!

ミヤモト 「どうしたの」

イケヤ 「これ!」

カシオEXILIM あわあわ

 「EXILIM EX-ZR1100」を取り出すイケヤ。

ミヤモト 「どう? 何か分かった?」

イケヤ 「……大変なものが写っていました」

ミヤモト 「チルト液晶なのでとても見やすいわね」

カシオEXILIM 見やすい!

 カシオの提供でお送りしています。

 イケヤが撮影したタイムラプス動画に写っていたものとは!

カシオEXILIM ん?

カシオEXILIM んんん?

カシオEXILIM ……こ、これは!!!!

ミヤモト 「な、なんだってー!!!!」








ミヤモト 「事情を聞かせてもらいましょうか……」

カシオEXILIM どういうことですか?

カシオEXILIM ボクは怒っているんですよ

カシオEXILIM 編集長!!! なにふてくされてんですか?

 2人の前にふて腐れた顔をした編集長のカトウがいた。そう、「EXILIM EX-ZR1100」が撮影したタイムラプスに写っていたのは紛れもなくカトウの姿だった。

 イケヤが寝静まった頃、玄関から堂々と入ってきたカトウは、部屋中をせわしなく行ったり来たりし、時にはゆっくりイスに腰掛けてマンガを読みふけり、そして出て行った。その間、数分。タイムラプスにすれば一瞬だが、確かにそこにはカトウがいたのだ。

ミヤモト 「何をやったか分かっているんですか? 編集長!」

カトウ 「……」

イケヤ 「カトウさんだったんですね」

ミヤモト 「説明してもらえますか?」

カシオEXILIM 何をしたか分かってるんですか!

 ミヤモトは「ねとらぼ、終わったな」とこれから起きるであろうゴタゴタに呆然としていた。住居不法侵入に窃盗……、事件が公になればただではすまないだろう。ヘタしたら炎上だ。こんなことならEXILIMを貸すんじゃなかった。なんなら心霊現象かなんかでイケヤが呪われてしまえば丸く収まったかもしれない。同棲したいとか言ってたからどうせなら仲良くシェアして暮らせばよかったじゃないか。

カシオEXILIM ねとらぼ、オワタ……

カトウ 「頼まれたから片付けただけだし」

ミヤモト 「は?」

カトウ 「鍵もイケヤさんから預かってたし、掃除したり片付けてあげただけだし」

ミヤモト 「いやいやいや」

カシオEXILIM ふてぶてしいですね

カシオEXILIM いやいやいや

 すぐバレる嘘をいけしゃあしゃあと。

イケヤ 「あああああああ!」

ミヤモト 「びっくりした!」

イケヤ 「そうだ! 鍵預けてた!」

ミヤモト 「へ?」

イケヤ 「この間呑んだ時に合い鍵渡してた! 引っ越し手伝ってくれってお願いしたかもしれない!」

カシオEXILIM あ……そういえば

カシオEXILIM そんなことも言ったような言ってないような……言いましたね! 言いましたとも! お願いしてました〜!!!!

 おやおや? 様子がおかしいぞ。あれかな? なんかそういう方向の人たちだったの? 心霊現象でも事件もなくてよかったかもしれないけど……けどさ……。なにそれ。

 タイムラプスをよく見ると、確かにカトウはゴミを片付け、掃除をし、放置していた洋服をたたんで、洗い物をしたり本棚の整理をしたりしている(途中、休憩でマンガ読んだりしているけど、片付けとはそういうものである)! なるほど、週に3回の出現は燃えるゴミの日と資源ゴミの日を狙って出現していたわけか。なんだすごくいい人じゃないか! いやいやいや、待て待て待て、おかしいから、すごくおかしいから。

イケヤ 「違和感は、部屋がキレイに片付く違和感だったんですね」

カトウ 「ゴミ出しくらいしたらいいよ」

 そうだ、編集長はそういう次元で生きていなかった。

カシオEXILIM どういう次元かは分かっていない

 つまり、編集長はイケヤに頼まれて合い鍵を預かり、ゴミの日を狙ってこびとさんのように部屋を掃除したのち、そっと帰ることをここ数日繰り返していたわけだ。イケヤはそれに気付かず(忘れて)悩んでいたと。うん、なんかもういいや!

カトウ 「編集長たるや、記者の生活も面倒を見るのも仕事です」

イケヤ 「なんか疑ってごめんなさい」

カトウ 「いいんだよ。誰にも間違いはあるからね」

イケヤ 「言ってくれれば」

カトウ 「よせよ、恥ずかしい」

イケヤ 「編集長−!」

 なんだこれ。

カシオEXILIM へんしゅうちょー!

カシオEXILIM いけやー!

カシオEXILIM ガシッ!

カシオEXILIM

カシオEXILIM

カシオEXILIM

カシオEXILIM おしまい

結論:タイムラプスがあれば編集部のチームワークもばっちり!

※フィクションです。

提供:カシオ計算機株式会社

アイティメディア営業企画/制作:ねとらぼ 編集部/掲載内容有効期限:2013年11月10日


関連キーワード

EXILIM | カシオ計算機 | 掃除・清掃


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー