新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年10月28日 12時09分 UPDATE

飛行機大好きなキミに朗報! あの「機内食カート」が買えるぞおおお!

フライトアテンダントさんがいつも押してる機内カートをおしゃれな家具にした、飛行機orインテリア好きにはたまらないアイテム。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ドイツの機内カートブランド「bordbar」が日本に初上陸し、「東京デザイナーズウィーク2013」でカートの展示販売を行っています。飛行機で機内食などを運ぶカートが収納インテリアになったアイテムで、遊び心あるデザインや好みに合わせてカスタムできる実用性が魅力的です。

画像 飛行機でおなじみの機内カートがインテリアに!

 販売しているのは飛行機で使うカートにそのまま外装デザインを施したもの。足元に車輪のストッパーが付いていたり開けた扉を磁石で固定できたりと、機内の揺れを想定したさまざまな機能が残っています。新品だけでなく実際にフライトで使われた中古品のリメイクもあります。

画像画像画像 デザインは、海外の航空会社「Lufthansa」「PAN AM」とコラボしたものなどさまざま。飛行機体の外装を切り取って作った特製版(右)もあった

画像 車輪のストッパーも、機内カートのデザインそのまま

 また収納スペースやカート上部はいろんなオプションパーツを組み合わせることができます。内部オプションは引き出しやアルミトレイ、ファイル入れ、ワインボトル置き、照明システムなど、カート上部はサッカーのゲーム盤や調理台、iPodドッグなどがあります。カートをアレンジしてリビングやキッチン、仕事場といったさまざまなスペースに活用できるようになっています。

画像画像 コーヒーポーションのストッカーやワインボトル置き(左)、リモコンで操作できる照明(右)など内部オプションもいっぱい

画像画像 カート上部には調理台(左)やサッカーのゲームボード(右)も取り付け可能

 日本の販売代理店は紙袋製造の「鯨岡」(東京都足立区)。ドイツを訪れた社長がbordbarに一目ぼれし、畑違いながら販売することにしたそうです。当面は会場販売が主で、これから空港や百貨店などに出店していく予定。

 カートの本体価格は18万円となかなかのお値段。デザイナーズウィーク会場では、8台の展示品を好きなオプション一式も付けて16万円(配送料込み)で販売しています。機内カートという由来とおしゃれな機能美に心がくすぐられる1台です。公式サイトのカタログはこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事