ニュース
» 2013年10月30日 22時13分 UPDATE

ローソン寒冷地仕様、出撃する

秋田で。

[ねとらぼ]

 ローソンは、11月1日にコンビニエンスストア業界で初めて雪を冷房に利用する寒冷地特化型の環境配慮店舗を秋田県由利本荘市にオープンする。

 「雪貯蔵空調連携システム」と「太陽熱利用暖房システム」を導入し、夏には雪を冷房に、冬には太陽熱で出来た温水を床暖房に使用して、店舗全体の電気使用量を2010年度対比で約50%削減する見込み。

 ほかにも「地中熱利用ヒートポンプ空調」や「太陽光発電パネル」「ガラスや屋根・外壁の高断熱化」など12の環境配慮設備を利用する。今後は、実験データを既存店舗への導入や新規設備の開発に活かす。

ローソン

関連キーワード

コンビニ | ローソン | 環境配慮 | 床暖房


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう