新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年11月01日 19時33分 UPDATE

JASRACは「他社を排除」と東京高裁 JASRAC「到底承服することができない」

JASRACを“無罪”とした公取委の審決を、東京高裁が取り消した。

[ねとらぼ]

 東京高等裁判所は11月1日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の楽曲使用料の徴収方式が、他社の新規参入を排除しているとする判断を下した。

 この件は、2009年2月に公正取引委員会がJASRACに対して排除措置命令を行ったことにさかのぼる。同委員会は、放送事業者に管理楽曲全体の利用を許諾し、使用料を包括的に徴収するJASRACの方式がほかの事業者を排除しているとした。

 しかし公取委は同年6月に、独占と認めるに足りる証拠はないとして、この排除措置命令を取り消す審決を下し、JASRACは“無罪”となった。著作権管理事業者のイーライセンスはこれを不服として、審決の取消しを求めて訴訟を提起していた。

 東京高裁はこの訴訟で、公取委の審決は実質的証拠に基づかないものであり、その判断にも誤りがあるとして取り消した。

ah_jasrac.png JASRACの声明

 JASRACは「到底承服することができないため、判決文を精査した上でしかるべき対応をとる必要があると考えています」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事