ニュース
» 2013年11月08日 15時41分 UPDATE

阪急電鉄の新型車両1000系、11月28日に出発進行

神戸線で運行。

[ねとらぼ]

 阪急電鉄の新型車両1000系が完成し、11月28日から営業運転を始めることが決定した。出発式は同日午前9時50分ころ。梅田駅9号線降車ホーム神戸方で行われる。

阪急電鉄 新型車両の外観

 新型車両は走行装置に低騒音型機器を採用し、車内外の騒音を低減。すべての照明機器をLED化することで既存車両に比べ約50%、前形式車両(9000系・9300系)と比べても約20%の消費エネルギーを削減した。車体正面の強度向上や、座席端部仕切り板を大型化、側入り口部に握り棒、バリアフリーを設備するなどの安全面にも配慮した。

 外観は、マルーンとアイボリーの車体色を継承。前照灯を一体的に見せることを意識した。内装は、木目調の化粧板やゴールデンオリーブ色のロングシートなど、阪急車両らしさを踏襲している。

阪急電鉄 内装もいい感じ

関連キーワード

阪急 | 神戸


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう