ニュース
» 2013年11月09日 12時00分 UPDATE

ぺろりとなめると光る! 不思議なアイスクリームが開発される

食べてみたいような、怖いような。

[ねとらぼ]

 暗闇でぼんやりと緑色に光るアイスクリーム――そんな不思議なアイスがイギリスで作られました。

ah_ice.jpg (画像:Lick Me Im Delicious)

 光るアイスは、クラゲの発光タンパク質を人工的に合成したものを使っています。発明家Charlie Harry Francisさんがハロウィーン向けに作りました。カルシウムと反応して発光する、つまりなめると光ります。

 体に影響はないのかが気になりますが、Francisさんは自分で食べてみたけれど、「(体は)どこも光っている様子はない」としています。ちなみに1人分作るのに140ポンド(約2万2000円)もかかるそうで、気軽に食べられるものではなさそうです。

 Francisさんは、トニックウォーターに含まれるキニーネ(紫外線に反応して発光する)を使った光るアイスも作っています。次は「見えないアイス」を作るそうですが、どんなものになるのか気になりますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう