ニュース
» 2013年11月13日 17時26分 UPDATE

“一期一会”の彗星「アイソン彗星」を観測しよう ニコ生で11日間中継

1番の見頃は12月上旬です。

[ねとらぼ]

 ドワンゴは11月16日〜18日/11月29日/12月2日〜8日の11日間、ニコニコ生放送で「アイソン彗星」の観測のもようを中継する。11月16日/29日には天文ガイドカメラマン井川俊彦さんによる実況解説も届ける。

画像

 アイソン彗星は2012年9月に発見され、発見した観測グループの名称「International Scientific Optical Network(ISON)」から名づけられた。肉眼で見ることができるほど明るくなることが期待されている。11月29日には太陽に最も近いところを通過。その後は2度と太陽付近には戻ってこないため「われわれが1度しか見ることができない、一期一会の彗星」という。

画像 誠文堂新光社のサイト「アイソン彗星2013」が詳しい

 制作協力は月刊天文ガイド(誠文堂新光社)。同社の説明によると観測しやすいのは11月〜12月。11月29日前後は彗星が太陽に近い位置にあり、観測すると目を傷つける恐れがあり危険なため見ることができないとのこと。12月初旬の2週間ほどは月明かりの影響を受けないため、1番の見頃となる。ニコ生の配信時間などの詳細は特設ページで確認できる。

Comet Hale-Bop(C)Toshihiko Igawa


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう