ニュース
» 2013年11月14日 13時43分 UPDATE

CGじゃないの!? ドローンの群れが生き物みたいに飛び回るレクサスのCMに世界が驚愕

統率された見事なドローンの飛行は、なんと本物のもよう。

[ねとらぼ]

 「本物のヘリだって!?」「めっちゃクールだ!」「ビックリした!」――レクサスのCM動画「Amazing in Motion - SWARM」に世界各国から驚きの声が上がっています。

 4つのローターで空を飛ぶ小型ドローンの群れが、人のまばらになった夜の街でこっそり動き出すという、「トイ・ストーリー」のような遊び心のある動画なのですが……「トイ・ストーリー」がフルCGアニメなのに対し、このドローンはなんと本物! メイキング映像では、赤外線センサーや綿密なプログラミングによりドローンが実際に飛んでいることが分かります。

photo 人間はいないな……!!
photo ウッホホーイ!!
photo みんなー! 鹿の角の間を通るんだ!!
photo 押すなよ! 順番だからな!

 ラストシーンなどはあまりにも壮大で、全てが現実の映像ではないと思いますが、メイキングにもある通りドローンの動きそのものは実写なのでしょう。列をなしてジグザグ走行をしたり、ぶつからずに入り交じったり。Pixarのアニメに登場するキャラクターのようなユーモアを、このドローンの動きは感じさせてくれます。なんだか生きてるみたいです。

 レクサスのブランディングの一環で作られたこのドローンは、ロボット開発のベンチャー、KMel roboticsとのコラボで生まれたもの。同社のクアッドロータードローンの技術をベースに、レクサス車のグリルやマフラーなどのモチーフを取り入れた、オリジナルデザインのドローンを開発しました。部品の一部は3Dプリンタで制作したそうですよ。

 このドローンは撮影場所に設置された複数のモーションカメラと連携し、1秒に100回の細かさで自分の位置を確認しながら、予定された通りの飛行を再現するそうです。メイキングでは「思うように飛行させるのに1年が必要だった」という説明もありますが……確かに手間が掛かっているんでしょうね。なんだか未来を感じました!

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう