ニュース
» 2013年11月29日 10時44分 UPDATE

アイソン彗星、ばらばらになって蒸発か NASA「12月の夜空には見えない」

太陽接近時に消滅した可能性が高いとのこと。

[ねとらぼ]

 11月から12月にかけて、肉眼で観測できるとして話題になっている「アイソン彗星(すいせい)」ですが、NASA(米航空宇宙局)が消滅した可能性が高いと発表しました。

 NASAは11月28日(現地時間)、「アイソン彗星の運命はまだ確定していないが、生き残れなかった可能性が高い」とコメント。太陽接近時に「ばらばらになって蒸発したに違いないと考えている」としています。

aH_ISON.jpg NASAの太陽観測衛星ではアイソン彗星は見えない(Image Credit:NASA/SDO)

 「アイソン彗星は12月の夜空には見えないということだが、過去1年間の観測の結果はしばらくの間すばらしい研究の機会をもたらすだろう」とNASA。同局ではアイソン彗星が太陽に接近した際の動画も公開しています。

 アイソン彗星は太陽に接近したあと、2度と太陽付近には戻ってこないため「われわれが1度しか見ることができない、一期一会の彗星」と言われています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう