ニュース
» 2013年11月29日 11時44分 UPDATE

「味」をネットで送信できる未来キタコレ! 電極で味覚を再現する“デジタルあめ玉”の開発進む

自宅にいながらネット経由で試食するのも夢じゃないかもしれんな。おなかは膨れないけど。

[ねとらぼ]

 シンガポール国立大学のニメーシャ・ラナシンハ(Nimesha Ranasinghe)教授が率いる研究チームが、装置の先に付いた電極で味を再現する“デジタルあめ玉(Digital Lollipop)”を開発しているそうです。The New York Timesのブログなど複数のメディアが、同研究を取り上げていました。

photo ニメーシャ教授のサイトでも研究が紹介されています

 電流の特性を操作することで、甘味、塩味、苦味、酸味を感じさせることに成功しており、さらに多くの味覚を再現することを目指して研究を進めています。見た目はまだ“あめ玉”というより“電極装置”といった感じですが、開発が進めばもっとフレンドリーな形になりそうですね。

 また、研究チームでは、デジタルあめ玉のような味覚再現装置とインターネットを組み合わせ、味をネットでやり取りする技術も研究しています。この研究では、味を指定するマークアップ言語「TasteXML(TXML)」が提案されています。

photo 味覚共有ネットワークのイメージ(ニメーシャ教授のサイトより引用

 味覚共有プラットフォームがインターネット上に登場し、スマートフォンのようなモバイルデバイスを通じて味を共有できる――そんな将来をニメーシャ教授らは信じているといいます。TasteXMLが使える未来、ちょっとワクワクしませんか?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう