ニュース
» 2013年11月30日 15時00分 UPDATE

お手軽ドームスクリーン体験「パノビューワー」がなんか未来を楽しくしそう

ぐるりと映像に囲まれる。

[ねとらぼ]

 ポータブルなドーム映像視聴機「PANOVIEWER(パノビューワー)」を、ヴェイサエンターテイメントが開発中だ。

パノビューワー パノビューワー(仮)

 パノビューワーは、直径1.2メートルのドームスクリーンおよび操作用モニタを備えた、少人数向けのドーム映像視聴システム。フルハイビジョンかつ高輝度投影が可能なプロジェクターに対応しているため、明るく鮮明な臨場感あふれる映像を視聴できるという。

パノビューワー 外面カラーはブラック・レッド・ホワイトの3種類(予定)

 操作部分はタッチパネル仕様で、付属のソフトウェアを使用することにより直感的に操作可能。同社スタッフのFacebookによると、11月に日本科学未来館で行われた「サイエンスアゴラ」に出展し、一定の評価を得たとのこと。また、ゲームエンジン「unity」を活用したゲーム映像を投影したところ、「予想以上のパフォーマンス」だったらしく、今後に期待できそうだ。製品化した暁には、エンターテイメントやバーチャルリアリティ、学術用途など、さまざまな分野で活躍するかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう