ニュース
» 2013年12月09日 13時20分 UPDATE

「歩きスマホは危険」の警鐘の中、アプリ「歩きスマホは危険じゃない」が登場

スマホの画面に前方を写しながら文章作成できるアプリ。

[ねとらぼ]

 スマートフォンの画面を見つめながら歩行する「歩きスマホ」について警察や鉄道会社が注意を呼びかける中、カメラ機能を使って前方を画面に写すiOSアプリ「歩きスマホは危険じゃない」がこのほどリリースされました。

画像画像 カメラから前の風景を画面背景に写しながら、文章の作成が可能

 アプリは、カメラの映像を背景に、半透明のキーパッドで文章を作成できるもの。入力文字も半透明になるほか、設定画面では文字の色を変えたりカメラのフラッシュライトを点灯したりできます。作った文章は、メールやFacebook、Twitter、LINEなどのアプリ画面にワンタッチで切り替えてコピー&ペーストして送れます。

画像 文字色の変更などもできる

 文字を打つことに集中して視野が狭くなることもあるので、必ずしも歩きスマホの危険性をなくすものではありません。発想はユニークですが、やはり歩きスマホはしないほうが安全でしょう。対応機種はiOS 7.0以降、App Storeから無料でダウンロードできます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう