新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年12月20日 09時22分 UPDATE

ボードウォーゲームでも資源が大事!:艦これ提督的ウォーゲーム要務令「珊瑚海キャンペーン」編 (1/2)

艦これの秋イベント「決戦! 鉄底海峡を抜けて!」が終わってもうすぐ1カ月。「資源が溶けるか! 攻略できるか!」の興奮と苦悩がボードウォーゲームでよみがえる!

[長浜和也,ねとらぼ]

普通の社会人でも鉄底海峡を目指せるウォーゲーム

 熱狂と狂気のイベントが終わって、艦これ海域もいつもの落ち着きを取り戻しつつあるものの、イベント攻略のために“海軍逸話”をあれこれ調べているうちに、「俺だったら戦力の逐次投入なんて愚策はしないね」とか「ガダルカナルの飛行場があと1週間でも早くできていたら」とか思うようになって、「あー、俺が連合艦隊を率いて米帝艦隊を撃破して鉄底海峡を突き抜けてー!」と思い至っている提督も少なからずいるんじゃなかろうか。

 そういう「史実のソロモン諸島を巡る戦い」に興味がある艦これ提督諸氏には、ボードウォーゲームで連合艦隊を率いて戦っていただきたい。タイミングよく、12月20日に発売した専門誌「コマンドマガジン」114号にボードウォーゲーム「珊瑚(さんご)海キャンペーン」が付録としてついてくる。

kn_ccscoral_01.jpg 「珊瑚海キャンペーン」はコマンドマガジン114号の付録ウォーゲームだ

 「ウォーゲームって、やたら複雑なルールでやたら時間がかかる廃人限定」と考える艦これ提督も依然として少なくないが、幸いにして珊瑚海キャンペーンは、すでに紹介している空母戦のボードウォーゲーム「日本機動部隊」と同じく、比較的シンプルなルールで4時間程度でゲームが終わることを目指してゲームをデザインしている。モノポリーよりやや時間はかかるが、それでも、休日にランチを食べた後から始めても夕方には終わるので、ゆったりとゲームを楽しみたい「ごく普通の社会人」でも無理なく最後までできる。

 太平洋戦争の海戦に詳しい艦これ提督の中には、ゲームタイトルを目にして「ああ、これ、1942年の5月に発生した珊瑚海海戦のウォーゲームでしょ」と考えるかもしれない。確かに開始時期は1942年の4月あたりを想定しているが、1つの空母戦だけではなく、その後、半年以上も戦うことになるニューギニアやソロモン諸島を巡る一連の長期的な「キャンペーン」(日本語ルールで「戦役」と訳している)をカバーする。まさに「鉄底海峡を抜けて、その先に進撃できるのは日本軍か? それとも、深海棲……いや、米帝軍か?」という秋イベントを踏襲する流れでほぼ1年間を戦い抜くことになる。

kn_ccscoral_02.jpg マップは鉄底海峡があったガダルカナル島を中心に北はラバウル、ニューギニア、南はヌメアまでをカバーする

「翔鶴」「瑞鶴」「金剛4姉妹」に「陸奥」まで登場

 珊瑚海キャンペーンに登場する日本艦隊の面々は、ソロモン海の空母戦でおなじみの「翔鶴」「瑞鶴」の正規空母コンビに「龍驤」「瑞鳳」の軽空母コンビ(残念「祥鳳」は出ず)、「金剛」「榛名」コンビに「比叡」「霧島」コンビの高速戦艦4姉妹、そして、ツウなことに「陸奥」が艦名入りで登場する。ほかに、名前はないが(シルエットで分かるが)重巡洋艦戦隊ユニットに軽巡洋艦主体の水雷戦隊ユニットと、いずれも2隻1ユニット、1戦隊1ユニット扱いになっている。

 ただ、ゲームルールの上、軍艦の種類は「空母」「主力艦」「軽艦艇」の3種類しかない。空母は航空攻撃ができて、主力艦は砲撃戦に強く、軽快艦艇が夜戦に役に立つのは、艦これの“肌感覚”と似ている。さらに、艦艇ユニットの数も日本軍で13個と少なく、かつ、その一部は増援として後からやってくるので、一度に指揮する数はさらに少なくなって把握しやすい。

 艦これ提督には意外と思うかもしれないが、珊瑚海キャンペーンでは、陸軍ユニットが多数登場する。1個連隊1ユニットで、ほぼ4個師団分の戦力を用意している。駒としては海軍より陸軍が多かったりする。

 珊瑚海キャンペーンで勝利するには、敵軍艦を沈めるほかに、敵拠点を陸軍で占領する必要もあり、それだけに、「陸軍を海軍部隊で護衛して輸送して」「迎撃してきた敵艦隊を航空攻撃や砲雷撃戦で撃退して」「敵飛行場を艦砲射撃で撃破して」「敵基地に無事陸軍上陸させて攻略する」ことが重要になってくる。このあたりは、艦これもさることながら、太平洋戦争であった作戦の仕組みを忠実に再現している。

kn_ccscoral_03.jpg 珊瑚海キャンペーンに登場する艦娘、いや、艦艇のユニット(一部)。一航戦と二航戦の彼女たちは登場しない

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

  1. 踏切で一時停止した車にトラック運転手が激高、鈍器でドアガラスを殴る動画が拡散中 会社側は非を認めて謝罪
  2. 新垣結衣のNGシーンが人類を至福で包む 「逃げ恥」ダイジェスト&恋ダンスロングVer.が公開
  3. ちょっと男子ー キリン「SPECIAL STUDENT」の小学生あるあるが全部あんたたちのことじゃない
  4. 「いつ乗車禁止になるの? 私は2年半戦ってる」―― バスの通路をふさぐ“迷惑おばさん”動画が話題に バス会社の対応は
  5. 画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」
  6. 完成度高けーなオイ! 実写版「銀魂」のビジュアルが解禁、銀髪の小栗旬に地味メガネな菅田将暉、チャイナ服の橋本環奈も
  7. 指があぁぁぁ! 実写版映画「銀魂」、小栗旬演じる銀さんのビジュアルにファン「オイィィィ!」
  8. 「ウチの猫の変な習性に気がついた」 手をニギニギすると頭をスポッとはめてくる猫ちゃんが圧倒的にかわいい
  9. 「君の名は。」を酷評した漫画家・江川達也が炎上 同業の奥浩哉が「この人、なんのプロなんだろう…」と批判
  10. mixiの「黒歴史日記を掘り返すキャンペーン」に過去のユーザー絶叫 「消してえええ!」「パスワード忘れた!」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー