新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年12月20日 14時08分 UPDATE

ぐんまー!:群馬県が協力したご当地ライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」1月発売

群馬から転校してきた女の子は、群馬県による世界支配を目論んでいた――ってんなあほな。

[ねとらぼ]

 群馬県が協力したライトノベル「“世界最後の魔境”群馬県から来た少女」(著:日下 一郎/イラスト:6U☆)が1月17日にPHP研究所のスマッシュ文庫から発売される。群馬県の名所やグルメ、あるあるネタが登場する“ご当地”ライトノベルとなっている。価格は660円。


画像 カバーの少女の魔境から来たっぷりがはんぱない

 ストーリーは、世間に「田舎」「秘境」と言われる群馬県による世界支配を目指し、少女が群馬県から東京の学園に転校してくるもの。少女は世界支配計画で次々と騒動を巻き起こし、やがて世界を破滅させた邪神「群馬王」の復活をめぐって大バトルが勃発する――といったファンタジー小説だ。

 群馬県は、登場する群馬の方言・上州弁が正しいかなどをチェックしたり、県のマスコットキャラ・ぐんまちゃんの使用を許可したりして作品に協力。「公認」ではなく「協力」という肩書きについて担当編集者は「県は群馬が魔境であるとは認めていないので、『公認』まではできないと県から言われました」とのこと。

 またタイトルに県名を入れ、県庁からお墨付きまでもらったようなご当地ライトノベルはおそらく本作が初めてだそうだ。


関連キーワード

ご当地 | ライトノベル | PHP研究所 | ネタ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事