ニュース
» 2013年12月20日 18時07分 UPDATE

「ダ・ヴィンチ・コード」の著者ダン・ブラウンが「文豪ストレイドッグス」キャラ化

未来予知。

[ねとらぼ]

 「ダ・ヴィンチ・コード」の著者ダン・ブラウンがマンガ「文豪ストレイドッグス」の“文豪キャラクター”となった。新作「インフェルノ」とのコラボで、過去には京極夏彦や綾辻行人がキャラ化している。

ダン・ブラウン 彼が詠む三行韻詩は自身が能力を発揮したいとき(未来を予知したいとき)に、無意識に出てくるもの。当の本人も解読不能なものばかりで、自分自身で翻訳が必要になるというもの

 「文豪ストレイドッグス」は、異能力をもった文豪キャラたちが繰り広げるバトルアクション。12月4日に発売された3巻では、新キャラとしてドフトエフスキーやアガサ・クリスティなど海外の文豪たちが登場していた。今回、キャラ化についてラブコールを送ったところ、ダン・ブラウンから「I've always wanted to be Mangafied.(いつもマンガにしてほしいと思ってたんだよ)」とコメントが寄せられたという。

 ちなみに、ダン・ブラウンがもつ異能力はその名も“インフェルノ”。“地獄(インフェルノ)の情景を記した三行韻詩(さんぎょういんし)を詠(よ)む”というもので、ここで表現された地獄は33分後の現世を反映しており、この韻詩を解読すれば未来を予測できる。ただし、韻詩はブラウン本人が歴史や宗教学の知識をもとに解読しなければならない、というもの。なるほど分からん。

 ダン・ブラウンの新作「インフェルノ」は、記憶喪失になった主人公ロバート・ラングドンが、ダンテの長編叙事詩「神曲」<地獄篇>に導かれ、新たな冒険に挑むストーリー。長編詩へのオマージュとしてささげられたボッティチェルリ作の絵画「地獄の見取り図」に隠された謎を解いていくことになる。

 イラストは「文豪ストレイドッグス」の作画を担当する春河35の書き下ろしで、全国書店にポスターとして配布される予定だ。


ダン・ブラウン 「インフェルノ」上・下
著:ダン・ブラウン
訳:越前敏弥
各1800円

関連キーワード

小説・詩 | 漫画 | プロモーション


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー