新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年12月26日 14時01分 UPDATE

百度「Simejiのバグでログ情報が送信」 修正版をリリースへ

実装バグにより、Simejiのログ情報の送信機能がオフになっていても、一部のデータが送信されていたと百度は認めている。

[ねとらぼ]

 百度(バイドゥ)の日本語変換ソフト「Baidu IME」「Simeji」が入力情報を無断で送信していると報じられた件で、百度が12月26日、コメントを発表した。Simejiでログ情報を送信しない設定にしていても送信されてしまうバグがあることを認め、アップデート版をリリースするとしている。

 同社は入力情報が自社サーバに無断で送信されているという報道について、Baidu IME、Simejiともインストール時にユーザーから、ログ情報の提供などソフトウェア利用規約への同意を得ており、事前に許諾を得ていないユーザーのログ情報は取得していないと説明している。

ys_baidu03.jpg Baidu IMEのインストール画面

 しかし報道を受けて調査した結果、Simejiのログ情報の送信機能がオフになっていても、一部のログデータが送信されていたことが確認されたという。バージョンアップ時に起きた実装バグで、3月にリリースしたバージョン5.6から発生していた。12月26日中に、改善したバージョンをリリースするとしている。またBaidu IMEの事前許諾の設定画面が見つけにくい点についても改善したという。

 このログ情報は変換精度の向上や今後のアプリ開発のために活用しており、一定期間後に破棄していると同社は述べている。また同社ではユーザーが入力した内容を変換のためにクラウド辞書サーバに送信しているが、こちらは保存はしていないとしている。あわせて、信用情報(クレジットカード番号、パスワードなど)や個人情報(住所や電話番号など)はログ情報として収集していないこと、Baidu IMEとSimejiに関連するサーバ機器とデータは日本国内のみで管理していることも説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事