ニュース
» 2013年12月26日 20時21分 UPDATE

「最古の赤本を探しています」――赤本60周年記念で図書出版・教学社が募集

当時の受験生は77歳くらい。

[ねとらぼ]

 図書出版・教学社は、「赤本」(正式名称「大学入試シリーズ」)が2014年に60周年を迎えることを受けて、特別企画「最古の赤本を探せ」を始動した。

ah_akahon1.jpg

 赤本の創刊号が発行されたのは1954年。京都大・大阪市立大・神戸大・同志社大・立命館大でスタートした。しかし同社の社内には創刊号が残っていないため、最古の赤本を募集する。協力者には謝礼も用意している。

 募集するのは1954〜55年に教学社から発行された書籍。当時赤本を使った受験生は、現在およそ77歳になっている。また、赤本の表紙が赤系に統一されたのは1965年からで、それ以前は緑や水色などさまざまな色やデザインがあり「赤い本」ではない可能性もある。同社はTwitterで「#最古の赤本を探せ」ハッシュタグを使ってプロジェクトを広めていくという。

ah_akahon2.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!