新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2013年12月29日 17時38分 UPDATE

ディズニーがコミケにやってきた! 「エンダーのゲーム」PRで吹き替え声優も来場

吹き替え声優さんによる前売り券のお渡し会が行われました。

[松岡洋,ねとらぼ]

 戦う運命を背負わされた第三(サード)の少年――SF小説「エンダーのゲーム」を原作とした実写映画が2014年1月18日に劇場公開される。

ah_ender1.jpg 「エンダーのゲーム」のイメージイラストを展示

 エンダーのゲームは、1995年の「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放映時に主人公・碇シンジのモチーフとなったとうわさされた作品。サード(本名アンドルー・ウェッギン)が地球滅亡の危機に立向う最後の切り札(エンダー)としてバトル・スクールで過酷な訓練を受けるところから始まる。

 今回、同作のPRのため、コミックマーケット85にウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンがブースを出展。吹き替えを行った声優陣が前売り券のお渡し会を行い、多くのファンが特典付き前売り券を購入していた。

ah_ender2.jpg 前売り券お渡し会

 1日目はペトラ役の佐藤聡美さん(「けいおん!」田井中律役など)、ヴァレンタイン役の白石涼子さん(「ハヤテのごとく! 」綾崎ハヤテ役など)がブースに訪れた。2日目の12月30日は白石涼子さんとエンダー役の逢坂良太さん(「革命機ヴァルヴレイヴ」時縞ハルト役など)が登場する予定。場所は東京ビッグサイト西4階企業ブース西4ホールNo.162。

ah_ender3.jpg 佐藤聡美さんと白石涼子さん

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事