新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月07日 15時58分 UPDATE

「もんじゅ」PCでウイルス感染による情報漏えいの可能性 送信先は韓国か

流出したデータ量は約3.8MB、核セキュリティ上重要な情報は含まれていないそう。

[ねとらぼ]

 日本原子力研究開発機構は1月6日、高速増殖炉「もんじゅ」において、コンピュータウイルス感染による情報漏えいがあった可能性について発表しました。現在、原因および影響などについて調査中とのこと。


画像

 1月2日、当該PCから外部に向けた不審な通信が確認されたことで問題が発覚。IPアドレスを追跡したところ、韓国とみられるIPアドレスに向けて情報が送信されていたことが分かりました。

 今回流出したデータ量は約3.8MB。当該PCには「発電課当直員の教育・訓練報告書、訓練予定表」「機構改革小集団討議関係資料」「メールデータ」などが保存されていましたが、具体的にどの情報が流出したかはまだ不明。なお、当該PCは当直職員が事務処理用に使用していたもので、プラントの運転制御、監視には関係がなく、核セキュリティ上重要な情報も含まれていないとのことです。

 ウイルスの感染タイミングについては、「PC内にインストールされていた動画再生ソフトを更新したタイミング以降」とのこと。具体的なソフト名については、まだ原因とは断定できないため伏せるとしています。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー