新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月17日 14時58分 UPDATE

秋葉原の昔の姿をARで表示するアプリが面白そう 100年前の万世橋にタイムトリップ!

こういうARアプリ、いいね!

[ねとらぼ]

 東大の廣瀬・谷川研究室が開発したiOS向けAR(拡張現実)アプリ「万世橋・交通博物館 思い出のぞき窓」が面白そうです。秋葉原にある万世橋の過去の姿をARで表示するというアプリで、万世橋の特定のポイントでアプリを立ち上げると、現実のカメラ映像にその場所の過去の姿が重ねて表示されます。

photo
photo いろんな撮影ポイントでARが出現

 万世橋は現在、商業施設「mAAch ecute 神田万世橋」としてにぎわっていますが、2006年までは交通博物館が、そして100年前までさかのぼると、万世橋駅として東京の交通を支えてきた歴史があります。

 こうした過去の姿をAR技術でバーチャルに再現するのが今回のアプリ。過去の写真が残されている撮影ポイントでiPhone/iPadをかざすと、昔の姿が現れ、現在と過去を比較できるようになっています。カメラのように見回しながら、万世橋の移り変わりを体験できるようですよ。

 昨年12月にiPadアプリとして登場し、このほどiPhone対応を果たしました。アプリは無料ですので、秋葉原に行く際にちょっと試してみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー