新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月17日 18時43分 UPDATE

任天堂、最終250億円の赤字に 「Wii U」の当初目標900万台→280万台

大幅に下方修正。

[ねとらぼ]

 任天堂は1月17日、2014年3月期通期の連結最終損益が250億円の赤字になる見通しだと発表した。前回予想では550億円の黒字だったが、主力ゲーム機「Wii U」の販売不振などにより、下方修正を迫られた。

 年末商戦の売上高が想定を大幅に下回り、「Wii U」の想定販売台数を当初の900万台から280万台へと3分の1以下に見直し。携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」も1800万台から1350万台に引き下げた。

 2014年3月期の売上高は5900億円(予想は9200億円)、営業損益は350億円の赤字(予想は1000億円黒字)にそれぞれ下方修正した。今期の年間配当額も前回予想の260円から100円に引き下げた。

任天堂


関連キーワード

任天堂 | 赤字 | 下方修正 | Wii U | ニンテンドー3DS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事