ニュース
» 2014年01月21日 09時00分 UPDATE

ソニー、テニスのショットを即時分析してスマホ連携してフォームをチェックできるラケット装着型デバイス「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」を5月下旬に発売

ソニーがテニスのショットを解析できるスマホ連携デバイス「Smart Tennis Sensor SSE-TN1」を発売!

[livedoorニュース]
livedoorニュース
ah_ld1.png

ソニーは20日、プレイヤーのテニスのショットを即時分析し、スマートフォン(スマホ)やタブレット上で表示できるラケット装着型デバイス「Smart Tennis Sensor(スマートテニスセンサー)」として「SSE-TN1」を全国のスポーツ用品店およびテニス用品店で2014年5月下旬に発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格は18,000円前後。対応プラットフォーム(OS)はAndroid 4.1(開発コード名:Jelly Bean)以降およびiOS 6.1以降。Smart Tennis Sensorは先月米・ラスベガスで行われたIT・家電関連イベント「2014 International CES(CES 2014)」にて発表および参考出展されていたもの。

Smart Tennis Sensorは、対応テニスラケット(YONEX製「VCORE Tour G」「VCORE Xi 98」「VCORE Xi 100」「EZONE Ai 98」「EZONE Ai 100」「EZONE Ai LITE」)のグリップエンド部に装着して使用するラケット装着型のセンサーとなっており、従来容易に可視化することができなかったテニスのプレイ内容を手軽に視覚化して、スマホなどと連携することで閲覧できる製品です。

テニスプレイの内容を見ることでさらに楽しめ、上達にもつなげられるという新しい体験が得られるとしています。

Smart Tennis Sensorはスマホなど向け専用アプリケーション「Smart Tennis Sensor アプリ」が発売に合わせて提供され、各OS向けにアプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」にて無償提供する予定。

専用アプリをインストールしたスマホなどとBluetoothでワイヤレス接続させることで、テニスショットを即時分析し、アプリ上でわかりやすく表示します。プレイへの影響を最小限に抑えるため、重量約8g、最大直径31.3?の小型軽量デザインを実現しています。防水(IPX5相当)および防塵(IP6X相当)対応。

ah_ld2.jpg

プレイヤーは、ラケット上でボールを捉えた位置やボールの回転、速度など、従来容易に可視化できなかったデータをその場ですぐに確認でき、スマホで録画したプレイ映像を可視化したデータとともに再生して、自分のプレイ内容を何度も客観的に振り返ることが可能となっています。

さらに、こうしたデータは仲間やコーチともFacebookなどを通じて簡単に共有できるため、プレイヤーはそれらを見て、楽しんで、上達にもつなげられる、という新たな体験と環境を、すぐに手にすることができるということです。

可視化できるデータは、ショット数やインパクト位置、スイング種別、スイング速度、ボール速度(初速)、ボール回転。

充電時間は約90分、連続使用時間はBluetooth利用時で約90分、Bluetoothオフ時で約180分。

同梱品は、アタッチメント、クレードル、クレードルキャップ、マイクロUSBケーブル、取り外しツール、キャリングポーチ。

ah_ld3.jpg

記事執筆:memn0ck

■関連リンク

記事提供元:エスマックス

livedoor CC-BY-ND

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー