新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月29日 21時17分 UPDATE

バレンタインなど知らぬ:趣味と恋どっちを取る? → オタクの7割以上が「趣味」と回答

潔い。

[ねとらぼ]

 もしも「趣味」と「恋」どちらかしか選べないとしたら、どちらを取りますか? ――という質問に対し、7割以上のオタクは「恋より趣味」と回答することが分かった。求人情報・人材紹介のディップが行った「オタク意識調査〜バレンタイン編」で明らかになった。

 335人のオタク(ある特定分野に強い興味を抱く人」を対象に調査したところ、70.1%が「恋より趣味」と回答。また興味・感心があるジャンルでは、「アニメ」(62.7%)、「マンガ」(61.2%)がツートップで、次いで「ゲーム」「音楽」「PC」などが多く挙がった。趣味に使う年間予算は1〜5万円が34.0%でもっとも多く、中には300万円以上と答えた人もいた。

 オタクのカジュアル化も進んでおり、66.3%は「オタクと思われても恥ずかしくない」と回答。またオタクの祭典として知られる「コミックマーケット」については、「行ったことがある」26.6%、「行ってみたい」42.4%という結果に。「行ってみたい」と「行ったことがある」の間にはまだ15%以上の差があり、同社ではコミケの今後について、「まだまだイベントとして成長していく可能性がある」と予測した。


関連キーワード

オタク | 趣味 | 調査 | コミケ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事