新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月30日 14時01分 UPDATE

Wii UでニンテンドーDSのバーチャルコンソール展開へ 苦境認めるも、値下げについては「あり得ません」

「マリオカート8」は5月発売。「ここで大きな流れを作りたい」とも。

[ねとらぼ]

 Wii Uのバーチャルコンソールに今後、ニンテンドーDSが追加されることが分かった。1月30日に行われた経営方針説明会の中で、岩田聡社長が計画を明かした。

 Wii Uのバーチャルコンソールでは現在、ファミコン、スーパーファミコンのタイトルが配信されているが(今後ゲームボーイアドバンス用タイトルも配信予定)、これにニンテンドーDS用タイトルが順次加わることになる。すでに技術的なハードルを解決するめどは付いているという。



 同時に、現在苦戦が続いているWii Uについて「これからどうするのか」の説明も行われた。岩田社長は最初に「2年目のプラットフォームとしては非常に厳しい状況にある」とWii Uの苦境を認めたうえで、短期的に取り組むべきは、最大の特徴である「Wii U GamePadの存在意義を高める」ことであると語った。バーチャルコンソールへのニンテンドーDS投入もその施策の1つとなる。

 そのほかの具体的取り組みとしては「Wii U GamePad があるからこそ実現できるソフトタイトルを提案すること」「NFCリーダーライター機能を徹底活用すること」「高速起動メニューを実現」の3点が挙がった。また、これまで2014年春発売としていた「マリオカート8」についても「全世界で5月に発売」すると発表し、「ここで大きな盛り上がり」を作りたいと語った。


画像画像

画像

 なおハードの値下げについては、「当然のことながら、収支のバランスを崩している今の任天堂が、単純に値下げで事態を打開するという選択肢はあり得ません」ときっぱり否定した。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事