新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年01月31日 19時49分 UPDATE

公式サイトで全編公開中:イラストレーター榎本よしたかさんの壮絶すぎるエッセイ漫画が話題に これは思わず一気読み!

将来の夢に向けて歩んでいく榎本さん。その道程には、家庭内暴力、ブラック企業、介護、事故、事件など困難がゴロゴロと転がっていて……タフな姿勢に心を打たれる人が続出しています。

[ねとらぼ]

 「壮絶すぎる」「やばい」「めちゃくちゃ面白い」「生き様が格好いい」――イラストレーターの榎本よしたかさんが自身の半生を描いたエッセイ漫画「トコノクボ」がネットで話題になっています。公式サイトで全編公開されているほか、1月29日にマイナビから電子書籍版も発行されています。

画像

 榎本さんは、児童向けコミックから法廷画まで幅広い絵柄で活躍中のイラストレーター。たびたびメディアにも出演しています。「トコノクボ」は、そんな榎本さんが、イラストレーター10年目を記念して、絵を仕事にしようと志した学生時代から、これまでを振り返った作品です。本編は1話4ページの全15回。2012年に公開されていましたが、現在になって注目を集めています。

 反響の理由は、まさにその凄まじい内容にあります。「プロになりたいけど方法が分からない。そもそも社会のことを知らないから、まずは就職して一般常識を身につけてから独立しよう」――榎本さんは、中学時代から将来の夢に向けて歩んでいくのですが、その道程には、家庭内暴力、ブラック企業、介護、事故、事件など困難がゴロゴロと転がっています。明らかに人生ハードモードだけど、タフな意志で1つ1つクリアしていく。その姿勢に心を打たれる人が続出しています。

 榎本さんは最終回で、「当時本当に辛かった記憶の数々 しかし、すべての点は線となって現在があるように思える 全てはつながっていたのだ」と振り返り、新たな“点”に向かっていました。読むと勇気をもらえる作品です。

 ちなみに、番外編も3つ公開されているのですが、そのうちのファミコンソフト「ロックマン4」のエピソードが面白いです。14歳の頃、カプコン主催のボスキャラ募集コンテストに応募し、「ブライトマン」が見事採用! 賞品として金色カートリッジをもらったところ、「世界に8本しかない幻のカセット」として、後にプレミア化(59万円)したとか。それでも、家宝として大事にしてるそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事