ニュース
» 2014年02月04日 12時39分 UPDATE

赤と黒のアニメ宇宙:マッドハウスがオリジナルショップ「阿佐ヶ谷MADHOUSE」を3月にオープン

ここでしか手に入らない限定アイテムも!

[ねとらぼ]

 「カードキャプターさくら」「電脳コイル」「ちはやふる」など多くの人気アニメを送り出してきたアニメ制作会社マッドハウスが、2014年3月に阿佐ヶ谷(東京都杉並区)にオリジナルショップ「阿佐ヶ谷MADHOUSE」をオープンする。阿佐ヶ谷はマッドハウス発祥の街で、約10年ぶりの「帰郷」となる。

ah_mad1.png 店内イメージ。1階中央の黒い箱はメッカのカアバのように、訪れた人だけに開かれる。2階左端の「?」は「重力から解き放たれた中空にアニメのリトル・コスモスが出現」するという (c)MADHOUSE.Inc.

 「アニメ・コスモス」をテーマに、空間的な宇宙ではなく脳内観念的なアニメ宇宙を希求したという約10坪の店内は、マッドハウス・カラーの赤と黒でシックにまとめられるもよう。

 ショップにはマッドハウス・オリジナル商品を中心に、ここでしか手に入らない限定グッズも用意し、商品購入者を対象とした特別展示も用意する予定。店舗の場所はJR中央線の高架下で、詳細は今後発表する。

 「阿佐ヶ谷MADHOUSE」のお知らせには「これから冬本番ですが、暖かくなる頃合には皆さまをもっと! もっと! ホットにする空間を出現させます。是非ご期待ください!」という取締役社長岡田さんのコメントが掲載されている。

ah_mad2.png 「阿佐ヶ谷MADHOUSE」のお知らせ

 マッドハウスは現在放送中のアニメ「HUNTER×HUNTER」「ダイヤのA」「魔法戦争」を手掛けており、2014年4月からは「魔法科高校の劣等生」や「ノーゲーム・ノーライフ」も放送開始する。オリジナルショップの開店をアニメ放送とともに期待しよう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 懐かしき「面白Flash」時代、思い出に残る数々の名Flash作品を振り返ってみた

  1. くじ「BIG」で宇宙誕生レベルの奇跡が起こる 運営側「全くの偶然」 確率は0.0000000000000000000000000000001%以下
  2. 【ネタバレあり】ネットのマンガ好き騒然 「ど根性ガエルの娘」15話で何が起きたのか
  3. 「死ぬくらいなら辞める」ができない理由 過労自殺を描いた生々しいマンガに共感の声集まる
  4. ミスフル作者が「いじめなどで『死にたい』と思ったときに読んでもらう漫画」を制作 現在5歳の娘が将来悩んだときのため
  5. 交通事情で死ぬほどパンが余った北海道のパン屋さん 「おいパン食わねぇか」の呼びかけで大逆転売り切れを果たす
  6. ランダムで試合結果を予想する「BIG」で5口分の予想が完全一致 「不具合か、不正操作か」……臆測広がる
  7. 「EVE」「DESIRE」で知られたアダルトゲームメーカー、姫屋ソフトが倒産 セガサターンなどに移植され一時代を築く
  8. 「さつまいもが10トン余っています」→あっという間に注文締切 Twitterで予想外な展開を迎えた神田大浦農場に話を聞いてみた
  9. ビクセン公式Twitterが「けものフレンズ」ブームにのった宣伝で社長に呼び出される→説明を聞いた社長「アニメも観てみますね」とフレンズ化の道へ
  10. 猫に先導されて歩いていったら……「猫の集会にお招きされた動画」がまるでジブリ映画

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー