新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年02月07日 16時31分 UPDATE

たぶん世界初 「コスプレイヤーのためのキャリーケース」クラウドファンディングで資金調達中

簡易メイク台も作れるなど、イベントの際にあらゆる仕様でコスプレイヤーを補助!

[ねとらぼ]

 コスプレイヤーのためのキャリーケース「coscase(コスケース)」をものづくりチーム「frentrep」が開発。クラウドファンディングサイト「Motion Gallery」において資金を募集しています。


画像 イベント時に使い勝手のいいコスプレイヤー用ケース、出たー!

画像 模造刀などの長物も、このとおりしっかり収納

 coscaseはTwitterでコスプレイヤーが「こんなキャリーケースがほしい!」とつぶやいて話題になったのをきっかけに、コスプレイヤーの要望を取り入れて開発されました。側面と背面には、模造刀や傘といった長物を収納できるベルトとポケットを装備。本体はバスの座席の間に入るほど薄いですが、ジッパーを開ければ小型のウィッグケースを収納できるほど容量を広げられます。付属の板をケース上部に固定すれば簡易メイク台にもなる設計。


画像 簡易メイク台も作れる

 底部にはキャスターが4輪。後ろ2輪にはストッパーが付いているほか、移動中にもケースを開閉しやすいようにと開口部を支えるベルトが内部に付いています。さらに内側には豊富な小物ポケット、外側には名刺を出し入れしやすいポケットも。イベントなどにおけるコスプレイヤーの使い勝手がいたるところで想定されています。


画像画像 動きやすい上に、移動中にケースを開け閉めしやすい作りが嬉しい

 すでにケース量産のめどは立ち、5月ごろに出荷される見込み。ただし価格を抑えるためには一定数を量産する必要があるため、今回クラウドファンディングで資金を調達しているとのこと。

 支援プランは500円からで、1万5000円以上支援するとcoscase本体とベルトの基本セットがもらえます。プロジェクトの目標金額は320万円で、現在の支援総額は約40万円、締め切りは3月31日までです。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事