ニュース
» 2014年02月08日 15時21分 UPDATE

気象庁、東京23区に「大雪警報」 2001年以来13年ぶり

明日正午までの降雪量は23区で20センチと予想。

[ねとらぼ]

 気象庁は2月8日、東京23区に対し「大雪警報」を発令しました。東京23区の大雪警報は2001年1月以来13年ぶり。

 午後1時時点で都心の降雪量は約7センチと、大雪で話題になった昨年の成人式に匹敵する勢い。さらに今後夕方から夜遅くにかけて雪は強まり、明日9日の明け方まで降り続ける見込みです。明日正午までの24時間で予想される積雪量は東京23区で20センチ、多摩地域で30センチ。


画像 2月8日午後2時55分時点の警報・注意報

 また夜には低気圧の接近に伴い風も強まるとの予報も。東京23区では最大風速20メートル、最大瞬間風速は35メートルにも達すると予想され、こちらも十分な注意が必要です。

 東京23区のほかにも、神奈川、埼玉、千葉など関東の広い範囲で大雪警報が発令中。発令中の警報・注意報は気象庁のサイトから確認可能です







画像 東京都の防災Twitterでも雪による転倒や交通傷害などへの注意を呼びかけ


関連キーワード

東京 | 天気 | 気象庁 | 防災


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー