新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年02月08日 23時50分 UPDATE

ソチ五輪で新競技「男子エクストリーム編み物」決勝 視聴者から戸惑いの声

そんな新競技ありません。

[ねとらぼ]

 ソチ五輪のスノーボード男子スロープスタイルで、競技会場に編み物をしていた男性がいたと話題になっています。

 男性はスタート地点にいる選手の隣で、編み棒と白っぽい毛糸で何かを編んでいます。意外な場所での「エクストリーム編み物」に、「なぜあんなところで編み物を?」という声続出。

 Wall Street Journalによると、編み物をしていたのはフィンランドのコーチのAntti Koskinen氏。編んでいたのはマフラーで、2016年のリオデジャネイロ五輪に出場するフィンランドの選手に渡すもので、フィンランドチームのほかのメンバーも編むみたいですよ。スタート地点で編むというのはRoope Tonteri選手のアイデアだそうです。

 フィンランド音楽を紹介・販売するサイトo-moro FinnMusicは「ソチ五輪で編み物をしているTonteri選手のスタッフがにわかに話題ですが、彼がフィンランド人なら夢でも幻でも珍百景でも異常行動でもありません(´ω`)充分あり得る、それがフィンランド人なのです」とTwitterでコメントしています。フィンランドには編み物好きの人が多いようです。

 ちなみにTonteri選手の順位は11位となっています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー