新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年02月10日 14時36分 UPDATE

超人気アプリ「Flappy Bird」はなぜストアから消えたのか 過大評価に悩み 制作者がTwitterで胸中開かす

ユーザー数5000万人を超える人気アプリ。制作者は成功とともに「私の日常生活を台無しにもした」とツイート。

[ねとらぼ]

「ユーザーには申し訳ないが今から22時間後に『Flappy Bird』を取り下げるよ、これ以上はもう耐えられない」

 ユーザー数5000万人以上を誇った人気無料アプリ「Flappy Bird」を制作者のドン・ニュヤンさん(@dongatory)が、2月9日にアプリストアから消してしまった。App Store、Google Playともに現在はもう削除済みとなっている。


画像画像 「Flappy Bird」のゲーム画面

 「Flappy Bird」は2013年5月に公開された横スクロール型アクションゲーム。画面をタップして小鳥を羽ばたかせ、土管のような障害物の隙間をぬって進んでいく。操作はタップのみとシンプルだが、タップのタイミングが異様に難しく、あまりの難易度から口コミで人気が出た。海外ニュースサイト「The Verge」のインタビューによると、アプリは2月5日の時点で5000万回以上ダウンロードされていた。


画像 iPhone版のランキング画面。ランキングに参加している人だけでも3000万人以上いることが分かる

 制作者のドンさんはベトナムに住む個人ゲーム開発者。The Vergeのインタビューでアプリの広告料は1日あたり平均5万ドル(約510万円)と語っていた。

 しかし「Flappy Bird」が話題になりすぎたことで、ドンさんは別の苦悩を抱えることになった。2月8日、ドンさんは自身のTwitterで「Flappy Birdは私の中でも成功と言えるゲームですが、私の日常生活を台無しにもしました。だから今となってはこのゲームが大嫌いです」と告白。少し前にもドンさんは「メディアは私のゲームの成功を過大評価しすぎている。私はそれを望んでいない。どうか平和をください」とツイートしており、自身のゲームが過大に評価されていることについて苦悩していたようだ。

 その後も、Twitterではフォロワーから「(対応が重荷になっているのなら)PR会社を雇ってはどうか」「インディーゲームコミュニティはきっと削除を望んでいない」などドンさんを説得しようとする声があがったが、「それ(PR会社を雇うこと)をしてしまうと、私はもはやインディーゲーム開発者ではなくなってしまう」、「インディーゲームにはもっと他の生き延びるための方法が必要」など、ドンさんの決意は揺らがなかった。結局、最後は「I cannot take this anymore.(これ以上はもう耐えられない)」とアプリの削除を宣言し、実行に移してしまった。




 ドンさんは今回の件について法的問題は何も関与していないと言い、「『Flappy Bird』は売りません、何も尋ねないでください」「私はまだまだゲームを作ります」と続けてツイートしている。ちなみに「Flappy Bird」は、削除前にダウンロードしていた人は引き続きプレイすることができるようだ。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事