新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年02月10日 16時00分 UPDATE

放送禁止で話題に 「ごめんなさいね、コーラとペプシ」CMがYouTubeで人気

見られないものほど見たくなるものです。

[ねとらぼ]

 見るなと言われると見たくなるのが人情。アメリカで放送禁止になったCMがYouTubeで人気を集めているようです。

 問題のCMは、家庭で炭酸水が作れる装置「ソーダストリーム」のもので、2月はじめのスーパーボウル(プロアメリカンフットボールリーグNFLの優勝決定戦)のテレビ放送向けに、ハリウッド女優のスカーレット・ヨハンソンを起用して作られました。砂糖も少ないしボトル(のゴミ)もないとソーダストリームの魅力をアピールし、最後にヨハンソンが「Sorry, Coke and Pepsi(ごめんなさいね、コーラとペプシ)」と一言。競合製品の名前を出しているとの理由で、テレビ局から放送NGに。

 結局CMは問題のセリフを削って放送されましたが、ソーダストリーム販売元のSodaStreamは「編集なし」のバージョンをYouTubeで公開。テレビで放送できなかったことが話題を呼び、再生回数は1200万回を超えています。

ah_soda.png SodaStreamの公式サイトでも編集なしのCMをアピール

 放送禁止問題とは別に、ヨハンソンはこのCMが原因で慈善団体Oxfamの親善大使を辞めることに。Oxfamが、SodaStreamはイスラエル入植地の工場で商品を製造しているとして批判していることが理由です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事