ニュース
» 2014年02月18日 10時00分 UPDATE

JR西日本が新型ラッセル車両を投入 JR発足後初

単線・複線両方の除雪に対応できるのが特徴。

[ねとらぼ]

 JR西日本は2〜3月に、線路上の除雪に使用する新型ラッセル車両を投入すると発表した。

ah_russell.jpg

 JR発足以降、JR他会社も含めて最初に新製するラッセル車両。車両形式はキヤ143形で、北陸本線などに2両を投入する。

 運転室からの操作で両先頭部に装備した除雪用ラッセル翼を切り替えることで、単線・複線両方の除雪に対応できるのが特徴。ラッセル車両として使用しない期間は除雪用ラッセル翼を取り外して牽引車両としても使うことができる。従来のラッセル車両から大幅な軽量化を図りつつも、除雪能力は従来と同等という。運転室のオペレーターが除雪状態を確認できる確認用カメラも前方と車両側面後方に搭載した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー