新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年02月20日 21時19分 UPDATE

キングソフト「悪質バナー広告」問題について説明 「不当に広告収入を得ようとする悪質業者がいる」

問題となっている広告はキングソフト側が提出したものではなく、委託先の広告業者が勝手に差し替えたもの、と説明。

[ねとらぼ]

 キングソフトは2月20日、現在ネットで問題視されている「悪質バナー広告」について、公式サイト上で説明した。問題の広告は配信を委託している業者側が勝手に差し替えたもので、キングソフト側が提出したものではないという。

 Engadget Japaneseの取材がきっかけで問題が明らかになった。記事によると、Webサイト閲覧中に突如「警告!!! 容量が不足しています。今すぐクリーンアップしましょう!」といった警告メッセージがポップアップし、タップしたところキングソフトの「CleanMaster」というアプリのダウンロードサイトにジャンプしたという。しかし、スマートフォンの空き容量は十分であり、またバナー広告がわざわざユーザーのスマートフォンの容量まで参照して表示されているとは考えにくい。「嘘の容量不足を訴えてダウンロードを促しているのではないか」と告発する内容だった。


画像 Engadget Japaneseの記事

 キングソフトによると、当初キングソフト側では「人気No.1のクリーナーアプリ」「スマホの動作をサクサク快適に!」といった文言の広告を提出しており、問題視されている広告は「弊社の登録とは異なる」とのこと。しかし、広告配信を請け負う「アドネットワーク」側に「登録とは異なる内容で不当に広告収入を得ようとする悪質業者」がおり、より多くバナーがクリックされるように、勝手に広告の文言を過激なものに差し替えてしまったのだという。

 確かに「人気No.1のクリーナーアプリ」よりも「警告!!! 容量が不足しています」の方がクリックはされやすいだろう。しかし、後者は明らかに嘘の文言でユーザーを釣っており極めて悪質だ。


画像 キングソフトが当初提出していたバナー内容。問題視されている広告は、悪質な業者が勝手に差し替えたものだという

画像 バナー広告出稿の仕組み。通常は「アドネットワーク」と呼ばれるサービスに登録して配信を委託するが、中には勝手に広告内容を書き換えてクリック率を伸ばそうとする業者がいるとのこと

 キングソフト側に電話で取材したところ、現在はアドネットワーク側に修正の要望を出しており、一部の悪質な広告のうち、確認された範囲ですでに停止しているとのこと。しかし、アドネットワークの構造上、末端のサイトまで広告内容をチェックすることは不可能であるため、もしも不適切な広告を発見した場合はサイトの問い合わせフォームより連絡してほしいと呼びかけている。

 キングソフトでは今後もアドネットワーク側と連携をとりつつ、悪質な業者の摘発に努めていくとのこと。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

icon
編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

icon

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

icon

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

icon

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事