ニュース
» 2014年02月21日 09時00分 UPDATE

ゲームキューブで吸う電子水タバコ「ヴェープキューブ」が海外で登場 コントローラがパイプになってる

発想がユニーク。

[ねとらぼ]

 有害な煙の出ない趣向品として注目されている電子タバコ。その仕組みは液体を電気で熱してその蒸気を吸うというものですが、海外ではゲームキューブを使った電子タバコ「ヴェープキューブ」が発売されています


画像

 「ヴェープキューブ」は1つの装置から出る煙を複数人で吸う「水タバコ」を模したもの。本体から伸びた4本のコントローラの先がパイプになっており、そこから本体で作られた蒸気を吸うことができます。ちなみに煙ではなく蒸気を吸うため、「スモーキング」ではなく「ヴェーピング」と呼ぶそうです。


画像 限定カラーもあります

 充電池式のものや限定カラーなど3タイプがあり、価格は199ドル〜299.99ドル。みんなで楽しむゲームキューブをみんなで楽しむ電子水タバコにしてしまうという発想がユニークですね。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう