ニュース
» 2014年02月24日 14時57分 UPDATE

アニメファン必見! 「『リトルウィッチアカデミア』とアニメミライ展」に行ってきた

300点に及ぶ直筆原画に、躍動感があふれすぎている現動画の“等身大”展示――「『リトルウィッチアカデミア』とアニメミライ 〜等身大原動画でみる作画の魔術〜展」はアニメファンなら必見です。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2月22日からスタートした「『リトルウィッチアカデミア』とアニメミライ 〜等身大原動画でみる作画の魔術〜展」に行ってきましたよ!

 YouTubeで公開され、世界中から賞賛された「リトルウィッチアカデミア」の貴重な原画が直に見られるということで、イベント発表当初から楽しみにしていました。300点に及ぶ直筆原画を30メートルにわたって展示したギャラリーや、原動画を等身大に拡大した展示などが見どころです。

haru_140224mirai01.JPG
haru_140224mirai02.JPG 原動画を等身大に
haru_140224mirai03.JPG 見どころは躍動感があふれすぎている原画展示
haru_140224mirai04.JPG 巨大立てPOPからシーンの流れを感じる壁面展示へ続く

 同作は若手アニメーター育成を目的の1つとしている「アニメミライ」プロジェクトで生まれた作品。プロジェクトの理念に沿って、若手アニメーターをその担当シーンと一緒に掲示・紹介していました。若手という言葉からは想像できないハイクオリティな仕事ぶり。まさに職人技といった感じです。

haru_140224mirai05.JPG 若手アニメーターと担当シーンを紹介
haru_140224mirai06.JPG 若手アニメーターの仕事ぶりがじっくり見られる
haru_140224mirai07.JPG セル画をわかりやすく解説
haru_140224mirai08.JPG こういうみせ方もあるんだなぁと感動しました
haru_140224mirai09.JPG 透過スクリーン(ポリッドスクリーン)を使った映像展示もありました
haru_140224mirai10.JPG みなさん、足を止めてじっくりと観察されてました

 奥の部屋では2014年の「アニメミライ」新作情報として「黒の栖 -クロノス-」「パロルのみらい島」などの紹介を中心に、同プロジェクトのアニメに対する熱い想いが伝わってくる展示が行われていました。注目が集まっている「リトルウィッチアカデミア2(仮)」のビジュアル、背景を描く様子の早回し映像なども公開されていました。

haru_140224mirai11.JPG 「リトルウィッチアカデミア2(仮)」のビジュアル。続編は波乱の予感
haru_140224mirai12.JPG 会場にはアッコ、ロッテ、スーシィの姿も!
haru_140224mirai13.JPG 2014年新作「パロルのみらい島」
haru_140224mirai14.JPG 2014年新作「黒の栖 -クロノス-」
haru_140224mirai15.JPG アニメミライ2014のスタッフによる寄せ書きも展示

 来場者は熱心なアニメファンだけでなく、業界関係者もこっそりと。年齢層も幅広く、外国人や女性の姿も見受けられました。

 「『リトルウィッチアカデミア』とアニメミライ 〜等身大原動画でいる作画の魔術〜展」は秋葉原・アーツ千代田3331にて2月27日までの期間限定開催(入場無料)。たった6日間とかなり短い期間での開催となりますが、アニメ好きなら一見の価値、大ありですよ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー