ニュース
» 2014年02月25日 16時33分 UPDATE

京大の折田先生像、今年はキョロちゃん 裏には島風 ニセ折田先生も現れてカオスな状況

楽しそうだなー!

[ねとらぼ]

 京都大学の構内に2月25日、入試シーズンの名物となっている「折田先生像」が登場しました。今年は、森永製菓のマスコットキャラ・キョロちゃんの姿をしています。

画像 今年はキョロちゃんです
画像

 折田先生像とは、京都大学の入試シーズンに毎年出現するハリボテの像。元々は、旧制三高(現京大)の初代校長・折田彦市氏の功績を讃えるものだったのですが、“本物”は落書きが相次いだことで1997年に撤去。以降、有志の手によりいろいろなキャラが設置されています。歴代の先生像はまとめサイト「折田先生を讃える会」などで見ることができます。

 今年のキョロちゃん像について、隣にある解説には、「折田彦市先生は、おもちゃのカンヅメの使者として子どもたちに夢を与えることに尽力し、京大にクエックエックエ〜な学風を築くために多大な功績を残した人です。どうかこれ以上太らせないで下さい。エンゼル」と書かれています。また、銅像の表と看板の裏には、なぜか艦娘・島風の写真が貼られていました。

画像
画像

 Twitterには受験生をはじめとした現地報告が多数寄せられていて、それによると今年は「にせ折田先生」や「エビフライ」のハリボテまで出現していたようです。カオスな状況ですが、京大の自由を象徴していると言えそうです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー