ニュース
» 2014年02月27日 10時00分 UPDATE

アンディ・ウォーホルの公式カフェが期間限定オープン キャンベル・スープ缶もあるよ!

内装は特別仕様に。「バナナ」「ハンバーガー」といったウォーホル作品をイメージしたオリジナルメニューも。

[ねとらぼ]

 アメリカの芸術家アンディ・ウォーホルの公式カフェ「Andy Warhol Cafe」が3月1日から5月6日まで、六本木ヒルズ(東京都港区)にオープンする。公式カフェは日本初。

 森美術館10周年記念展「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」の関連企画で、カフェのインテリアはウォーホルの作品にちなんだ特別仕様となる。一面に人工芝を敷き詰め、牛の壁紙などウォーホルの代表的な作品をモチーフにした装飾を施す。

ah_andy1.jpg カフェ内装

 ウォーホル作品のモチーフになっているキャンベルのスープ缶をイメージしたスープをはじめ、「バナナ」「ハンバーガー」といったウォーホル作品をイメージした限定のオリジナルメニューを提供する。

ah_andy2.jpg ハンバーガーセット(税込1580円)
ah_andy6.jpg ホットドッグセット(税込1280円)
ah_andy7.jpg キャンベルのスープ缶をイメージしたスープ(税込400円)
ah_andy8.jpg ウォーホル作品「バナナ」
ah_andy9.jpg 「バナナ」をモチーフにしたバナナケーキ(税込800円)

 場所は六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビュー内 「マドラウンジ スパイス」 。入場は無料だが、「アンディ・ウォーホル展」または東京シティビューの入館料(一般1500円)が必要。

(c)/(R)/TM The Andy Warhol Foundation for the Visual Arts, Inc.



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう