ニュース
» 2014年03月10日 12時52分 UPDATE

浦和レッズ試合中に差別目的の横断幕に批判続出、クラブ側が徹底究明へ

SNSなどで拡散。後手にまわったクラブ側を批判する声も。

[ねとらぼ]

 Jリーグ・浦和レッズのホーム開幕戦となる3月8日のサガン鳥栖戦において、会場の埼玉スタジアムに「JAPANESE ONLY」と手書きされた差別的な横断幕が掲げられたとして問題になっている。


 クラブ側の説明によると、横断幕は午後5時ごろ会場209ゲートのコンコース側に掲げられていることを警備スタッフとソーシャルメディア上の情報を取得したクラブスタッフから入り、午後5時9分に撤去するよう指示した。しかし、「横断幕の撤去はトラブル防止のため、当事者との合意の上、取り除く手順」となっており、また試合中であったことから最終的には午後6時4分に強制的に撤去した。

浦和レッズ 公式サイトに差別目的の横断幕について報告を掲載

 横断幕についてはサポーターによってTwitterなどSNSに投稿され拡散。浦和の槙野智章選手も「今日の試合負けた以上にもっと残念な事があった…。浦和という看板を背負い、袖を通して一生懸命闘い、誇りをもってこのチームで闘う選手に対してこれはない。」とこの問題に触れている。

 浦和レッズは「差別的発言」の禁止などを呼びかける「SPORTS FOR PEACE!」プロジェクトを強化して取り組んでいた矢先のことだった。横断幕のほかにもスタジアムから差別的な発言もあったとの指摘もあり、調査を行うことにしている。いつから横断幕が掲出されたのかなど当事者からの聴取もしており、今後は明らかに差別的で不適切であるとクラブが判断した場合、横断幕などを迅速に撤去するとしている。



関連キーワード

差別 | Jリーグ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー