ニュース
» 2014年03月10日 18時58分 UPDATE

今年の春の引っ越しは例年より混雑 分散を全日本トラック協会が呼びかけ

ただでさえ引っ越しの多いシーズンなのに加え、消費税増税や景気回復の影響が。

[ねとらぼ]

 春休みシーズンは、1年間の引っ越しの約3分の1が集中するトラック輸送業界の繁忙期。今年は消費税増税前の建設ラッシュや景気の回復の影響で、3月中旬から4月上旬の引っ越しが例年以上に混み合うことが予想されており、全日本トラック協会は引っ越し時期をずらして検討するよう協力を呼びかけています。

画像

 消費税率が8%に引き上げられる前にと住宅やマンションが相次いで建設されており、そうした新築物件への引っ越しが3月に予想されています。このため例年よりも引っ越しの件数がさらに増加する見込み。さらに増税前の駆け込み購入によりトラックの商品輸送が増え、引っ越し用のトラックを例年通りに確保できない恐れもあります。

 こうした理由で希望の日時での引っ越しが提供できない場合も考えられると、協会は注意を促しています。ほかにも混雑の中でやっと見つけた引っ越し事業者が、実は営業許可を持たない事業者だったというトラブルが発生する可能性も。引っ越し事業者への見積もりの依頼は早めにすることや、時期に余裕のある人は3月上旬や4月中旬以降の比較的空いた時期の引っ越しを検討するよう呼びかけています。

 協会のサイトで公開している「春の引越繁忙期 引越予約混雑状況」(最終更新は3月5日、1週間ごとに更新)によると、すでに3月20日から4月6日までは多くの引っ越し事業者が受け付けを締め切っています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!