新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年03月26日 13時55分 UPDATE

シャープが妹のように会話できる萌えロボット掃除機を開発 目指してる未来の違いを見せつける

今日も日本は平常運転。

[ねとらぼ]

 「目指してる、未来がちがう。」がスローガンのシャープが、同社のロボット掃除機「COCOROBO」をベースに、「妹のような声」で会話できる萌えロボット掃除機を突如として開発しました。「かわいらしい妹のようなロボット家電と暮らしたい」などのニーズに応える製品として試作された非売品だそうです。よく分からないけど目の付けどころが完全に俺たち! 同社は応募者から抽選で11人に同製品を貸し出し、使用感などのアンケートを行う予定です(応募要項はこちら)。

photo 公式の仕事が完全に俺たちで今日も日本は平常運転です
photo 一緒に暮らしたいよ! 市販してください!

 この“萌えCOCOROBO”、ボディに漫画家・霜月絹鯊さんが描いた萌え妹キャラをドドンとプリントしているのが外見の特徴。さらにロボットの声を声優・木戸衣吹さんが担当し、「べ、べつに、あなたにほめてほしくて掃除したんじゃないんだからね」「カワハギといえば、肝醤油にお刺身だね♪」などなど、普通のCOCOROBOとはひと味もふた味も違う会話を繰り広げます。

 献立の立案やラッキーアイテムの紹介、エクササイズの提案など、質問に応じてさまざまに回答する同製品ですが、「やや気分屋なところがあり、機嫌が悪いときはツンツンした回答をする場合もあります」とのこと。「そのくらい、自分で調べなさいよ」と冷たくユーザーをあしらったりするそうで、シャープの分かってる感がすごいというか、ごちそうさまな感じです。また、声優の出身地でもある青森の知識もあるようで、青森について聞くと「青森といえば、サクラマスが釣れるべー」といった方言コメントも飛び出るみたいです。会話例を紹介するページに、詳しく掲載されていますよ。

photo 公式ページに掲載されている会話例の一部。COCOROBOちゃんかわいすぐる

 ちなみに同企画は、シャープが社外パートナーと連携したクラウドサービスを開発すべく立ち上げたプロジェクト「SHARP Cloud Labs(シャープ・クラウド・ラボ)」の活動の1つ。反響が大きければ、萌えCOCOROBOが市販化される可能性もあったりするのでしょうか……?

関連キーワード

COCOROBO | 萌え | シャープ | ロボット掃除機


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー