ニュース
» 2014年03月26日 17時37分 UPDATE

KADOKAWAと秋田県がコラボで「クール・リージョン」 秋田を舞台にした作品や角川大映映画展開催など企画

マンガとかアニメとか作ってくれないかなー。

[ねとらぼ]

 KADOKAWAと秋田県ががっちり握手! 映画や新聞、大学、お菓子、ご当地本など、KADOKAWAは地域振興に貢献し相互発展に資する事業を立ち上げるべく、秋田県と「連携と協力に関する協定」を3月26日に締結した。

 中長期的に成長が見込める分野でコンテンツ展開することを目指すKADOKAWAは、地域の活性化に向けた取り組みと連携することで、「コンテンツのマルチ展開を加速し、さらには地域全体をグローバル市場へ発信し、新たな事業にする」ことを目標とした「クール・リージョン(地域)」戦略を推進する。

 秋田県は、「第29回国民文化祭・あきた2014」の開催など文化振興事業に力を注ぎ、主にアジアからの観光客の取り込みを強化している。しかし、高齢化が進み、地域経済の活性化や雇用・賑わいの創出、グローバルへの情報発信が課題となっていた。「クール・リージョン(地域)」により、産官学関係者と連携を強化し、文化、食、商材、観光資源などに付加価値を付け、国内外への秋田ブランドを発信したいとしている。

秋田県 秋田県公式Webサイト。ちなみに現知事はロシアから贈られたミールさんと戯れるネコ好きすぎな佐竹氏

 今後のKADOKAWAと秋田県との取り組みとしては、4月19日から秋田県立美術館で開催される「角川大映映画展」をはじめ、地元の新聞である「秋田魁新報」との連携企画、県内大学との実践型産学連携によるワークショップ、秋田の銘菓とアニメのキャラクターがコラボレーションしたお土産、「スーパー秋田美人選抜選挙2014(仮称)」の実施、そのほかにも秋田のご当地本や秋田を舞台にした映像や音楽作品などを予定している。

  • 「角川大映映画展」:4月19日〜6月15日、秋田県立美術館で日本映画草創期の大映映画時代の作品から現在のKADOKAWA作品までを一堂に展示する企画展として初めての開催
  • 「秋田魁新報」と地域密着型の連携企画
  • 県内大学と共同で実践型産学連携によるワークショップ
  • 秋田銘菓とアニメキャラがコラボしたお土産プロジェクト
  • 「スーパー秋田美人選抜選挙2014(仮称)」の開催
  • 秋田のご当地本企画
  • 秋田を舞台にした映像と音楽をコラボレーションさせた作品の創出
  • 「台北ウォーカー」で秋田県の観光振興をサポート
  • KADOKAWAの絵本「いぶりがっこちゃん」で秋田を応援
秋田県 絵本「いぶりがっこちゃん」(1200円)


関連キーワード

ご当地 | 観光 | 産学共同 | 地方経済 | 地域活性


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!