新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年03月27日 15時17分 UPDATE

サイボーグ選手が戦う国際競技大会「CYBATHLON」の開催が決定 人間の情熱と人工装置が交わる夢の祭典になるか

2016年、スイスで新しいスポーツの大会が生まれます。

[ねとらぼ]

 人間がロボット技術などの高度な補助器具を使った状態で競技する国際大会「CYBATHLON 2016」が、スイスのチューリッヒで2016年10月8日に開催されます。同大会では、障害のある人々がパワードスーツのような各種装置の補助を借り、陸上競技などのレースを戦います。

photo パワード義手を使ってイライラ棒的な競技
photo パワード義足を使った陸上競争
photo 脳波でアバターをコントロールする競技

 イベントを取りまとめているのは、スイスの国立ロボット技術研究機関である「National Centre of Competence in Research Robotics」(NCCR Robotics)です。同センターはCYBATHLONの開催を通じて、技術開発や学術交流の促進、国民に対する人体支援技術の啓発、そして障害のある人々が参加できる競技大会の創出を目指しています。

 開催される競技は、(1)脳波を使ってコンピュータ上のアバターを操作する「ブレイン・コンピュータ・インタフェース競技」、(2)全身麻痺の選手が電気刺激装置の力を借りて自転車を操る「FES自転車競技」、(3)義手を使い金属製の輪を導電性のコースに触れないようにゴールまでコントロールする「パワード義手競技」、(4)義足による障害物競走「パワード義足競技」、(5)胸部や腰部脊髄損傷の選手のための障害物競走「電動外骨格競技」、(6)さまざまな障害レベルの選手を対象にした「電動車いす競技」、の合計6部門。競技名を聞いただけでなんだか近未来の世界がやってきたかのような気持ちになってきます。参加選手は最新の人体支援装置を身にまとい、それを巧みにコントロールすることでレースを競い合います。

photo 電動外骨格による障害競走

 参加できる選手や利用装置には一定の条件があり、その枠組みの中でどれだけ力を発揮できるかというのが見どころの1つとなりそうです。開催はまだ少し先の話ですが、どんな熱戦が繰り広げられるのか、今から楽しみになってきました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事