ニュース
» 2014年03月29日 09時00分 UPDATE

駅の売店がセブン-イレブンに JR西日本で500店舗リニューアル

セブン-イレブンがない鳥取県にも進出する見込みです。

[ねとらぼ]

 セブン-イレブン・ジャパン、JR西日本、ジェイアール西日本デイリーサービスネットが業務提携し、駅構内にある約500の売店やコンビニを「セブン-イレブン」にリニューアルすると3月27日に発表しました。JR西日本エリアの1222駅で実施するほか、新規出店も進めます。

画像
画像

 提携店舗は、駅のコンコースやホームなどの限られたスペースでスピーディーに接客する「セブン-イレブン Kiosk(キヨスク)」と、幅広い商品をそろえた「セブン-イレブン Heart・in(ハート・イン)」。まずは6月に京都駅や博多駅などの5店舗が開業し、5年かけてリニューアルを進めます。セブン-イレブンがない鳥取県にも進出する見込みです。

画像

 セブン-イレブンはこれまでも鉄道事業者と業務提携を行なっていますが、今回の提携は「展開エリア・店舗数ともに、過去最大規模」としています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー